レストラン/カフェ

でめてる

国分寺市・本町 |  レストラン/カフェ

東京都国分寺市本町2-14-5

『でめてる』とはギリシャ神話にでてくる女神の名前。


(以下、お店のホームページから抜粋した情報です。)


農業、豊穣の女神です。おいしいごはん、おいしい野菜をみなさんに食べてほしい、そんな願いからこの名前がつきました。
でめてるは、みなさんに玄米をおいしく、そして、安全な食材で安心しておいしく食べていただくことを目指しています。
また、女性がひとりでもくつろいで食べて飲むことができる、そんなお店でありたいと心掛けています(もちろん、男性も家族もカップルもみ~んな安心して食べて下さいね)。
野菜を中心に、乾物(豆とか海藻、お麩や凍豆腐やいろいろ)、豆腐類でメニューづくりをしています。三陸水産からとりよせた、おいしいお魚もあります。
でめてるの自慢はまずやっぱり玄米ごはん。
山形県の合鴨農法で作られた無農薬玄米を圧力なべでふっくらもちもちに炊きあげます。そしてごはんに負けないくらいおすすめなのは、お味噌汁。
昆布、煮干し、厚削りでしっかりだしをとり、オーダーを受けてからその都度つくっています。一口飲むとほっとする味で、1年ほど前からはじめたみそ汁定食(季節によって具が変わります)も人気メニューのひとつです。
そして、なんといってもおいしいのが、ぬか漬け。20年守り続けた味です。

 

食材は三多摩食べもの研究会、桑の実(ポラン広場)、三陸水産などから仕入れています。調味料は直接生産者から取り寄せています。味噌は長野県佐久市の市川さんの手作り味噌、長野県小諸市の(有)むすびやの味噌を合わせ味噌にして使っています。ごま油となたね油は水俣の反農薬連。醤油は小山市の渡辺フサさんの醤油を使用しています。
そして最近でめてるで流行りは果実酒。アルコールはエビスビールをはじめ、酒好きのスタッフお勧めメニューが揃っていますが、自家製果実酒はちょっと飲みたい時にぴったり。ぜひご来店の際はお試し下さい。


また、NPO研修情報センターのコミュニティーレストラン事業にも協力しています。
それとは別に、でめてるで作っている料理を一緒に作る料理教室も開きたいな~と思っています。


私たちは、自分たちがおいしいと感じている、みなさんにも食べてもらいたいものを作っています。これからもメニューに工夫をしながら、でも、守り続けるところはしっかり守っていきたいと思っています。ご来店をこころよりお待ちしています。

  • でめてる
  • 東京都国分寺市本町2-14-5 
  • 042-323-9924 
  •  
  • http://members.jcom.home.ne.jp/demeteru/ 
  • 11:00~16:00
    17:00~21:00
    日曜日12:00~20:00まで 
  • 不定休 
  • JR中央線国分寺駅北口から徒歩4分 

キーワードで探す

エリアで探す

Twitter はじめました。
フォローしてね♪ ↓

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをお使いください。
  ↓