HOME > オーガニックショップ > 雑貨 > メイド・イン・アース直営店 ホーム・ルーム自由が丘

雑貨

メイド・イン・アース直営店 ホーム・ルーム自由が丘

世田谷区・奥沢 |  雑貨

メイド・イン・アース直営店 ホーム・ルーム自由が丘 東京都世田谷区奥沢7-3-10

天然ピュアな純オーガニックコットン100%製品専門店


(以下、お店のホームページから抜粋した情報です。)


メイド・イン・アースは、オーガニックコットン(無農薬有機栽培綿)100%を素材としたブランドです。
「安心で心地よい生活環境の提案、無駄をそぎおとしたシンプルな製品づくり」
をコンセプトに安心感のある生活のためのアイテム、サービスの提供をめざしています。

オーガニックコットンとは、化学薬剤を一切使わずに有機栽培され、加工の段階でも化学処理をせずに作られた綿(無農薬有機栽培綿)のことです。
通常、綿の栽培には、非常に多くの化学薬剤が使われています。
まずコットンの種の段階で防虫剤、4月頃に植えてからは除草剤、葉につく虫を駆除するために農薬、発育のために化学肥料が使われます。そして綿の実がはじける8月頃に刈り取りですが、葉や茎の部分に葉緑素が残っているため、そのまま刈り取ると白い綿の表面に緑のシミが付いて、コットンのランクが下がってしまいます。
そこで8月の時点で枯葉剤などを空中散布し、人工的に葉や茎を枯らして刈り取ります。そのほかコットンを糸や生地にする際にも、糸切れを防ぐために化学糊、染色しやすいようにコットンの本来の油分をとり、化学染料、防縮加工剤、柔軟仕上げ剤などで加工をおこないます。
オ-ガニックコットンは、化学肥料の代わりに有機肥料、除草剤の代わりに人による除草作業、農薬の代わりに昆虫などによる害虫駆除、刈り取りは、茎や葉が自然に枯れる11月まで待ち、紡績や加工も糸切れを防ぐために、機械の速度を通常の半分ほどのスピ-ドに落として行います。その他化学薬剤の代わりには、蜜蝋、澱粉糊、菜種油、果汁などを使用しています。
化学薬剤によって栽培や生産の効率、量を調節するのではなく、植物が本来もつ成長するエネルギ-を大切にしています。

  • メイド・イン・アース直営店 ホーム・ルーム自由が丘
  • 東京都世田谷区奥沢7-3-10 1F 
  • 0120-697-510 
  •  
  • http://made-in-earth.co.jp 
  • 11:00-19:00 
  • 年末年始 
  •  

キーワードで探す

エリアで探す

Twitter はじめました。
フォローしてね♪ ↓

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをお使いください。
  ↓