HOME > A Sense of Life > オーガニックでおもてなし

A Sense of Life

オーガニックでおもてなし

ライフスタイルコーディネイター
ノダハルミ

noda01

オーガニック生活を提案するライフスタイルコーディネーターのノダハルミさん。
葉山のプライベートサロンの、オーガニックなおもてなしを紹介します。



オーガニック素材からパワーをもらう


「オーガニックは私を元気にしてくれる」というノダさん。オーガニックライフのきっかけは、スコットランドのフィンドフォーン*というコミュニティーで過ごした経験だった。

あふれる自然の生命力。野菜を育てる人、もてなす人の「喜んでもらいたい」という思い。オーガニックライフを通して感じたそんなメッセージと感動を、ノダさんは料理や暮らしのさまざまなシーンで表現している。


この日のおもてなしメニューは旬の食材をふんだんに使ったイタリアン。玄米を主食にしたマクロビオティックをベースにしているとは思えない、スタイリッシュな料理が並ぶ。


野田さんがおもてなし料理で意識するのは五感。たとえば見た目でおいしいと感じてもらえる彩りの美しさ。温野菜サラダは、中がピンクの紅芯大根は色を見せるようにカットし、他にも白や緑、オレンジなどの鮮やかな色の野菜を盛りつける。


「オーガニック野菜の本来のおいしさや、自然のエネルギーを感じてもらいたい」と、もてなす側の思いをダイナミックな一皿にこめる。


さらにベージュ系のナチュラルな器に、ブロンズやシルバーのような存在感のある器を組み合わせて、華やかさを演出。


テーブルが整ったら、さあ、オーガニックでのおもてなしのスタートです!


*フィンドフォーン…ケルン地方にあるスピリチュアルコミュニティー



おもてなしの準備

spimg01

旬の食材を農家で買う

季節ごとに、地元の旬の食材を使ったメニューが基本。有機や無農薬の食材を仕入れる。

spimg02

メニューカードをつくる

各料理の前に、メニューカードを添えておく。おもてなしの思いをこめて、手書きの文字で。

spimg03

食卓に花を飾る

タテ型の花瓶ではなく、深めの大皿に花や緑を飾れば、テーブルが一段と豪華に。


profile_img_noda

ノダ・ハルミ

オーガニックケータリング・ピースデリ/ライフスタイルコーディネイト・エクリュ各代表。
衣食住様々なシーンでオーガニックスタイルを幅広く提案。

キーワードで探す

エリアで探す

Twitter はじめました。
フォローしてね♪ ↓

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをお使いください。
  ↓